The 10th Anniversary Special Contents

文化の発信拠点のお手伝い役として。

高梨秀雄、大高幸雄/
逗子文化プラザホール 施設維持管理者
(指定管理者 逗子文化プラザパートナーズ構成企業/㈱清光社)

2015.11.30 UP

施設運営に絶対に欠かせないもの、それは信頼できる施設維持管理スタッフの存在です。逗子文化プラザホールにも4人の施設維持管理スタッフが、日々お客様が安心して利用していただけるよう建物、機構、設備等の保守をしています。今回はそのうち高梨氏、大高氏2人にお話をお伺いしました。お二人とも専門は電気関係で、普段は縁の下の力持ち。直接お客様と接する機会はそう多くない裏方さんの声をお届けいたします。

ホールがオープンして10年が経ちました。

高梨氏:早いもので、もう10周年ですね。私は開館2年目の平成18年8月にこの施設に赴任することになりました。その後一度維持管理会社が変わっているのですが、私自身は変わらずに今日までここにいます。ですから来年は私自身の10周年になります(笑)。現在勤務中の維持管理スタッフの中では最古参ですね。

大高氏:私は平成20年3月31日にこの施設に参りました。当時施設がオープンして3年後ですが、ホールという職場は初めてで、とてもフレッシュな気持ちでここに来たことを思い出します。とは言え、何がどこにあるかだとか、多くの取扱説明書を短期間に勉強しなければならず、かなり大変な思いもしましたが(笑)。

維持管理スタッフが思う、施設のちょっと良いところ。

高梨氏:さざなみホール(定員160名)は固定席じゃないですよね。ですから使い方を考えると、レイアウトが自由というのはとても夢のあるホールだと思っています。舞台面としてのスペースも、アイデア次第で色々に使えますからね。

大高氏:ホール=「劇場」というと、重厚な、荘厳なイメージを持っていたのですが、逗子文化プラザホールはそれとは違っていて、近代的な建物であり、例えばなぎさホールのホワイエも、ガラス面が広くて光が燦々と入ってくる。維持管理の観点から言えば、温度調節等、大変困難なのですが…建物の見た目はやはり、明るくて、新時代に向けての施設、という印象がありますね。また、この施設の非常用発電機の容量が500キロワットで、それ自体は大きな設備ではないのですが、契約電力が630キロワットなので、その8割を停電の時に賄えるというのは、何かあった時に比較的ゆとりをもって対応できる能力があると思います。

日々の業務と維持管理の極意。

高梨氏:開館以降、おかげさまで特に大きなトラブルなく今日まで来ることができています。小さなことや、設計上どうしても、というようなところがあったとしても、早めの対応を心がけています。何かあれば手を加えていて、人知れず、地味ではありますが、電気も、水関係も実は少しずつ前進しているんですよ。また、設備は常時フルパワーということではダメで、余力を残して運転しています。

大高氏:機械にもやはり個性と言うか、調子とか癖のようなものがあって、その辺の見極めも重要かもしれません。高梨さんの言うように、今まで本当に大きなトラブルはなかったですが、先の3.11の震災はショックとしては大きかったです。しかしそれを機に、例えば非常用発電機からの電気供給先を増やすなどして、機能拡充も図っているので、経験を活かして、ベターになっていると言えます。なるべく一般のお客様の気付かないところで、つまりご心配をおかけすることがないように、少しずつ改善しているつもりです。また、私の考えでは、維持管理は基本的に予防保全、それから応急処置に尽きると思います。何か兆候があれば、大事に至る前に対策を講じる。もし何か起こってしまったらお客様に影響が出ないよう迅速に対処する。

業務における喜び。

高梨氏:安全が最優先で保たれていること。それで利用されるお客様が喜んでくだされば最高です!

大高氏:直接お客様から言われるということはなかなかありませんが、スタッフの間でも、今日のイベントは上手くいったなどという話を聞くとそれは嬉しいですよ。我々はホールの事業展開を設備の面からお手伝いするという立場です。ホールが自主文化事業や、ホールを借りてくださる方々を通して地域の文化や特色を発信してゆく、そのサポートをこれからもスムーズにして行くことができれば嬉しいです。

高梨秀雄、大高幸雄

(逗子文化プラザホール/写真向かって左から大高氏、高梨氏)

高梨秀雄

ビル管理会社で人材育成等に従事し、現在逗子文化プラザホール維持管理責任者。
第三種電気主任技術者の他多数の資格を持つ。
休日は主に50坪の土地で野菜や花の栽培に汗を流す。

大高幸雄

電気設備メーカー勤務を経て、現在逗子文化プラザホール設備運転管理担当者。
第三種電気主任技術者の他多数の資格を持つ。
趣味は絵画、ゴルフ等多岐にわたる。

記念インタビュー/トピックス