★イベントレポート「ZUSHIパフォーマーズフェスタVol.4」2018年10月20日(土)開催(2019年01月20日)

 

河島様

当ホールの情報発信ボランティアによるレポートです。イベントの雰囲気や感想を発信する活動をしています。

***************************************************

 年に一度のパフォーマンス・ライブの祭典「ZUSHIパフォーマーズフェスタ」が今年も開催です。

 年に一回、逗子にゆかりのアーティスト達が披露するいわば大人の文化祭、今までは何となく通り過ぎて来たけれど、そろそろ見ておきたいという気持ちになりました。

 今回は、当日の様子をレポートします。会場はさざなみホール、個人的にはライブハウス感満載の雰囲気がお気に入りなのでとても嬉しいです。

 アーティストは4組、先陣をきってThe Cool Beansが登場。ジャンルはオールディーズになっているけど、色々バリエーションがありそうです。紅一点のボーカルに見とれていたら、実は男性陣の方がめちゃくちゃパワフルでした。張り切りすぎて後半喉が調子が悪そうだったのはご愛敬。自分の一押しナンバーはやっぱり最初のロコモーションだったかな。

 続いては、ギター弾き語りでオリジナル曲を披露の佐藤太一さん。ブルースがベースになっているだけあって音の印象もひとこと骨太です。ギター1本の曲よりも、ピアノ等の音源も加えた曲の方がまろやかさがあり好きになれました。人それぞれ好みがあるとバランスをどうとるのかも難しそうですね。

 休憩を間にはさみ後半の部が始まりです。男女2人ユニットSue avec Takaはオリジナルも1曲披露しましたが宇多田ヒカルを愛情たっぷり披露してくれました。特によかったパフォーマンスはなんといってもトラベリング!奏でる音も少ないのですが「あっ、トラベリングってロックなんだ」と聞かせてくれたのがとても印象に。

 トリは、ハワイアンのカイメレでしめくくりです。のっけからハワイアン全開で、会場内も秋から夏に逆戻りです。曲もサザンからクラシック(カルメン)まで幅広いレパートリー!やっぱり迫力が第一、としみじみ感じます。この手の類のイベントは毎年毎年新しい人がでてこないとマンネリになりがちになってくるので、来年はみんなで応募してみましょうか。歌や演奏以外でもいいよね、料理なんかどうかな。。。そんな思いをはせながら大団円です。

情報発信ボランティアライター 河島三二

ページトップに戻る